中国における「美人の条件」とは~体型、メイク、髪、足の形…?

5000年の歴史がある中国では、古来より独自の文化、そして美の基準をつくってきました。

しかし、時の経過とともに美人の条件も変わり、今では楊貴妃のようになりたい、と思う人はいないでしょう。それでもやはり現代中国の美の条件も古代の影響をわずかながら受けているようです。

ここでは中国における「美人の条件」をご紹介したいと思います。

中国のパリ

◆中国で美しいとされる体型は?

中国ではその長い歴史の中で、絶えず「美」が探求されてきました。

過去においては楊貴妃のようなふくよかな体型が美人の条件だったこともあります。

しかし、近代ではその様子はがらりと変わってきました。「S形」と呼ばれる体型、つまり、大きなバストとヒップを持ちながらウエストはしっかりとくびれていることが理想的な体型とされています。

これはだいたい日本と同じ点です。

◆中国人女性のメイクの特徴

顔に関しては、中国の若者たちは韓国の影響を大きく受けています。

そのため、日本ではナチュラルメイクが主流であるのに対し、中国ではかなりのしっかりメイクです。そして、韓国での流行が変わると、中国での流行もすぐに変わります。

とは言っても、ノーメイクの人が多いのにも驚きました。メイクをする時にはしっかりメイクなのに、しない日にはアイブローもしない、という両極端な姿勢に最初はカルチャーショックを受けました。

でも、韓国との違いもあります。

それは理想とされる肌の質感です。

日本や韓国では肌のテカリはNGです。でも中国では、光沢があるぐらいの方が肌が潤っているとされ、日本人の言う「マット感」は、乾燥肌とみられます。

そして、中国で美人の条件としてよくあげられるのが大きく切れ長の目です。みんななるべく理想の目に近づけようとアイラインを上下しっかりと引いています。

最近では目元の美容整形を受けるためにわざわざ韓国まで出かける人もいます。中国国内でも美容整形を専門に行う病院はどんどん増えていますが、美容整形の本場韓国に行きたい、と思う人は大勢いるようです。

◆中国の女性、「美髪」への意識は?

それから、最近になり髪にも関心が集まってきました。

バーバー

数年前の中国では、パーマをかけている人をあまり見かけなかったように感じますが、今ではきれいにパーマをかけカラーリングをしたおしゃれを楽しむ女性をよく見かけるようになりました。

ちなみに髪の毛は量の多い方が良いとされていて、頭皮ケアを専門に行うサロンもあります。

◆中国には意外な美人の条件が・・・!

私が一番驚いた中国の美人の条件は足の形でした。

重要視されている、というほどではありませんが、靴を試着する時など、ふと足が目に留まるとそれについて話し始める中国人は少なくありません。

日本では、健康的で幅の広すぎない足であれば、それ以上特に気にすることもないのではないでしょうか。

しかし中国では、足の親指が人差し指のほうにやや湾曲している形が好まれます。

私が見ると「ちょっと外反母趾ぎみかな?」と思える足なのですが、中国人からすると美しいようです。

纏足の文化はなくなったものの、今でも丈夫そうな足よりもか弱そうに見える足の方がきれいに思えるのかもしれません。

・・・・・

中国は経済の発展と共に、美容に対する意識も大きく変化してきました。以前から中国の北部にはスタイルの良い人が、南部には肌のきれいな人が多いと言われています。

もともとの美人が美容を意識したら凄いことが起きそうです。これからの変化にも期待です。